FC2ブログ
僕が診断をもらったとき、母は「うちの子を障害者扱いするんですか!」と泣き叫びました。
母にとっては「障害」という言葉がそれほど衝撃的だったということなのでしょうね。

障害とは、そもそも何でしょうか?

障害には一次障害と二次障害があります。特に、当事者を苦しめるものや、生活に支障の出るものを障害と言います。周りが大変だから障害だとか、障害だから良くならないとかいうことは、決してありません。

聴覚や視覚は、研究も進んでいて補聴器や眼鏡があります。しかし、発達障害の場合、まだまだ研究も進んでおらず、社会の理解もあまり得られていません。支援ツールも随分と作られていますが、眼鏡や補聴器と違って、「人が話をしているときにスマホをいじるな!」「そんなおもちゃみたいなもの、職場に持ち込むな!」というように叱責されることも残念ながら少なくないようです。

そのため、まずは発達障害であるということを本人や家族が認識し、二次障害を防止するとともに、支援ツールの活用や適切な心理支援を行うことが大切だと、僕は思います。

もし「障害ではなく、脳のタイプの違いだ」と認識しても支援が受けられるなら、それが一番だと思います。しかし、実際問題として、日本はまだまだ、そういう寛容な社会になるには時間がかかりそうですよね。

今のところは、発達障害も「障害」に分類されるのが自然なことかなあ、と思います。

それに、「僕は障害者じゃない!」と主張する気は、僕にはありません。
それは障害を持つ人に対して失礼のような気がするのです。

障害があるのは、悪いことではないですよね。
大切なのは、何かしてもらったら感謝を表現することと、自分が周りに何を返していけるか考えることだと思います。

僕は、僕と同じような悩みをもつ子供たちのためのツールデザインを続けていくことが、自分が周りにできることだと思っています。
明日から一週間、また、子供たちのために頑張ります。



このエントリーをはてなブックマークに追加   
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

はじめまして!
わたしも当事者です。33歳、ADHD手帳申請中

息子が療育園の年中さん、自閉症児です。
なかなか上手く関われなくて、私が泣いたりしてしまう時もあります。それを見た子供が余計不安定になってしまって大騒ぎになります。

雨樋さまのクールダウンの方法とかってありますか?

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://8tatsu.jp/tb.php/18-57a0846c