FC2ブログ
Q.子供に診断を受けさせるかどうか迷っています。
発達障害と診断されたら、レッテルを貼られたり進学に不利になったりしませんか?

A.大丈夫です。何故なら診断名は個人情報だからです。
例えば発達障害者支援センターで、診断を受けたとしますね。支援センターのほうからお子さんの学校に知らせたり、企業に情報を漏らしたり、ということはありません。万が一そういうことをしている支援センターがあったら個人情報漏えいですから、訴える権利は親御さんにあります。手帳を取得するかどうか、というのも、お子さんと親御さんとで決めることができます。
診断を受けることは、療育の方針を決める上でも、お子さんに合った支援を受けるためにも大切なことです。僕自身、診断を受けていなければここまで自分のことを分かることはできなかったと思いますし、診断のおかげでデイサービスという新しい居場所もできました。
まずは最寄りの支援センターに電話してみてください。


Q.子供が偏食です。
心を鬼にして厳しく叱って食べさせていれば、好き嫌いはなくなりますか?

A.いいえ。それは逆効果です。
人間が嫌いな食べ物を克服する場合、必ず「楽しい体験が味覚と結びつく」というエピソード記憶が必要です。
例えば、ビールが苦手な人がいるとします。
仲間との打ち上げで、少しビールを飲んだ。
彼女の前でカッコつけて、ビールを飲んだ。
そんなことを繰り返すうちに、ビールが好きになる。そんなもんです。
こういう体験は、子供のうちにはなかなか体験できるものではありません。厳しく叱った場合は「つらい体験が味覚と結びつく」というエピソード記憶ができてしまいますので、大人になっても克服できなくなってしまう可能性が高いです。
もし偏食による子供の体調変化が心配でしたら、発達障害の専門家または小児科医師に栄養補給の相談をすることをおすすめします。


Q.学校の宿題が多すぎます。
睡眠時間を削ってでも、やらせたほうがいいでしょうか?

A.いいえ。勉強よりも睡眠のほうが、脳には大切です。
そもそも勉強というのは、日中に脳を活性化して、脳の発達を促すためのものだと思います。
夜遅くまで勉強させるくらいなら、早めに眠らせたほうが脳の健康は保たれますし、授業への集中度も全く違います。宿題を何分やるかは、睡眠時間に合わせて決めておきましょう。
「睡眠のため、宿題が途中までしかできませんでした」と連絡帳に書いて、お子さんが怒られて帰ってきた場合、悪いのは先生です。先生に、子供の睡眠の大切さを教えてあげてください。
ただ、発達障害のある子は、うまく眠れないことも多いです。充分な時間眠っているのに学校などで眠そうにしている場合は、医師に相談してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加   
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://8tatsu.jp/tb.php/5-e91debdc