初めてコメントをいただきました。
早速返信していきます。
本文非公開とのことでしたので、僕の回答のみの掲載にて失礼致します。


--------

スペクトラムの母さん、初めまして。
雨樋です。
コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
僕はブログにコメントをいただいたのが初めてで、ログインして思わず「おおっ!」と声に出してしまいました(笑)

今どきの療育は、けっこう早くから通うことができるんですね。
療育お疲れ様です。お子さんにも、お疲れ様ですと言いたいです。頑張って通っていらっしゃいますね。
療育のときにお子さんがよく泣いてしまうとのこと。お子さんの心理的負担が心配になるお気持ち、分かるような気がします。僕も、後輩が泣いてばかりだったら心配になります。

僕の小さい頃の経験としましては、療育は受けていませんでした。最初は「自閉症疑い」と言われたものの、次の検診で「健常」という診断になってしまったそうです。当時の20年以上前の区分では、僕のような軽度の子供は支援の対象外だったのです。

しかし、祖父母は何かを敏感に感じ取っていたようで。母は「この子は、まだ幼稚園に行かせちゃいけないよ」と言われて、みんなが幼稚園デビューした年に、僕はほとんどの時間を自宅で過ごしていました。僕は積み木やブロックが好きでした。祖父や母がよく絵本を読み聞かせてくれました。そしてみんなより一年遅れで、幼稚園に入園したんです。お陰様で、いじめられたりトラブルを起こしたりすることなく、平和な幼稚園時代を過ごすことができました。

お子さんに療育に通ってもらうことに、お母さんはどんな目標をお持ちですか。
そして療育の先生方は、どんな目標をお持ちなんでしょうか。

先生方の目標がはっきりしていない場合は、聞いてみるといいと思います。
聞いてみてから、お母さんの目標と合っているかどうか、そしてお子さんの気持ちと合っているかどうかを、確かめてみてください。

また、僕に相談してくださったということは、このまま療育に通ってもらっていいのかというのは先生方には聞きづらいということですよね、たぶん。それならば、ここは一つ、セカンドオピニオンということで、利害関係のない場所に相談してみてはいかがでしょうか。成人の僕の場合は発達障害者支援センターのような場所になるかと思うのですが、お子さんにもそのような場所があれば、そういう場所にも相談してみると良さそうだと思います。

知識不足で半端な意見になってしまって申し訳ありません。
いかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

 雨樋さんの経験を踏まえたお答え、ありがとうございます。
とっても参考になりました。
 雨樋さんの言うとおり、目標がはっきりしていないまま療育に通っても迷うばかりですよね。
改めて考えさせられました。
 私の目標は、まだ小さいので集団でどうこうというより、色々な楽しい経験をしてほしいということが一番でしょうか。
療育の先生の目標は、「登園を喜ぶ」だそうです。
お互いの目標としては、そんなにずれてはいないような気がします。
 療育の先生と思い切って話したところ、お母さんの判断で休んでもいいし来ても良いですよと言ってくれています。
 これからもっと社会と関わっていかなければいけないのだから、ここで行くのを止めても大変だとも言っていますが。
 私の判断が正しいか心配にはなりますが、本人の様子を見て、まずは人数の少ない曜日のみ行くようにして、泣いたらその場を離れるようにするなどなるべく楽しくできるようにしていこうと思います!
 療育は怖いところと思わせたくないですし。
 お家では、とてもにこにこ笑顔で甘えん坊の子どももが、療育の場で泣かれてしまうのは本人も私もつらいので。
 先生には甘い親だと思われるかもしれないですね。
 雨樋さんは、どのように思われますか?
 お礼のメールにするつもりが、また質問になってしまってすみません。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://8tatsu.jp/tb.php/7-a96213fa